カンナユリのブログ

ラジオパーソナリティと番組編集をしているカンナユリです。担当番組 『旅するK-POP』の番組情報などをアップしています。

江陵アイスアリーナ

フィギュアスケート、スピードスケートショートトラックの会場に行きました。

江陵(カンヌン)アイスアリーナ
こちらはメイン会場である平昌からバスで30分ほど東側に行った海沿いの街、江陵にあります。



中に入ってスケートリンクを見せてもらいましたが、中の撮影はNGということでしたので入り口の写真のみです。

まず入っての印象は、意外と暖かい!ということ。スケートの観戦は室内といえど少し寒いのかなと思いましたが、暑がりな方でしたら脱ぎ着しやすい格好で快適に観戦できると思います。

リンクはやはり広いです。スピードスケートの会場でもあるということで、1周400メートルのトラックがすっぽり入る大きさ。リンクはそのフロアーには一つですが、地下にはもう一つ練習用のリンクがあるそうです。その練習用の地下リンクでウォーミングアップなどをして、地上のリンクで試合本番、ということでしょうか。

リンクの中央上には大きなデジタル時計があり、四角い面それぞれに時間を表示していて四方向から時間を見られるようになっています。これは私の推測ですが、点数などの発表の時はその時計のところに点数が表示されるのかもしれません。

そして客席の横には(大相撲で言うと東の桟敷席)キス&クライ用のスペースがありました。壁が水色のパステルカラーで、フィギュアスケートの華やかな衣装を引き立たせてくれそう。

またもう一つ意外だったのが、スピードスケートは時速60キロ近くという車並みのスピードで滑ると言われますが、ショートトラックもここで行われると言うことは曲がるときのカーブはかなりの急カーブだと思うので、遠心力は半端なさそうです!


こちらの写真はバスの移動途中でバスの中から撮った、開会式会場、平昌オリンピックスタジアムです。上空から見ると五角形の形をしていて、閉会式もこちらで行われます。